2012年05月27日

茶道のお作法 和菓子の取り方

お茶を習っていない方も学校の文化祭や催し物などで、お茶を頂くことがあるかもしれません。
その場合、最初の難関はお菓子をとるところです。
懐紙に一つずつ和菓子をのせて渡してくれるケースはいいのですが、数人分をまとめて器に盛って出される場合があります。
畳の部屋ではだいたいそうなります。
生菓子は手前から、干菓子は遠くから取ります。
生菓子は大きいので、一つ。
干菓子は複数盛ってある場合はそれぞれの種類を一つずつとってください。
飾りかなと思う菓子は取らないようにします。
以前お茶会で金平糖が出されたことがありました。
懐紙の上でコロコロ転がって大変でした(>_<)
posted by なでしこ at 22:12 | Comment(0) | 和菓子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。