2012年07月27日

御製不明 ずんだ餅?それともずんだ大福?

茶道のお稽古で頂いた和菓子をご紹介します。
ずんだ餡を小豆餡の味がする焦げ茶の皮に包んでありました。
しかも形は平たくつぶしてあります。
ずんだ餅は外にずんだ餡がかかっていますよね?
大福なら平たくつぶしてないと思うんですよね。
なんという和菓子でしょう?
大きめだったので、半分に切って出されました。
切り口が皮の焦げ茶に挟まれたずんだの黄緑色のコントラストが映え、ガラスのお皿に盛り付けられてとても涼しげでした。
お茶では二口三口で頂ける大きさがいいので、大きな和菓子は半分に切って出すというのは勉強になりました。
おやつに頂くなら一個ペロリといけそうです。

これでご紹介した和菓子は75種類となりました♪


posted by なでしこ at 23:28 | Comment(0) | 生菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。