2013年03月03日

お茶の先生への手土産はどんなもの?

お茶の先生へのご挨拶、手土産を何にするか悩みますね。
お稽古に使える和菓子、しかも日持ちのするものがおすすめです。
そうなると、羊羹や干菓子になると思います。

私は今回先生へのご挨拶に末富の両判を選びました。
16枚で1575円、日持ちは1ヶ月ほど。
缶に入っているので、きちんと感もあります。

先生からお褒めの言葉を頂きました(^_^)v
以前はお菓子選びもコツがわからず、うさぎの形のかわいい最中を持っていったら、最中はお茶では使わないのよって言われたことがありました。
生菓子でも冷凍できるものもあるそうです。
大福のような餅系のものは結構冷凍できます。
それでも、生菓子の賞味期限はだいたい1日2日なので、直前に買うのでなければ選択肢に入れられませんね。

末富 両判の記事はこちら♪
末富 両判



posted by なでしこ at 21:11 | Comment(0) | 和菓子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。