2018年06月18日

唐板 水田玉雲堂

京都のお土産に水田玉雲堂さんの唐板を頂きました。
AA0C2291-00B0-4DDA-9972-6276001372F7.jpeg
水田玉雲堂さんは唐板のみを販売している老舗です。

475DD82F-FE0D-48AE-9C73-6DA200EB28A4.jpeg

材料は小麦粉、砂糖、鶏卵とシンプルです。
食べてみると、パリッとした食感、やや硬めですが、口に含んでいると、甘味が広がり、だんだんと柔らかくなってきます。
甘味はしっかりとしているので、一枚でも口の中は十分に甘くなります。
素朴な味で、なんとなく懐かしさを感じる味です。

嵩張らないし、軽いし、日持ちするので、お土産にいいですね。

これで和菓子美人でご紹介したスイーツは715個になりました♪




posted by なでしこ at 00:15 | Comment(0) | 干菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

いちごのらくがん wagashi asobi

IMG_1380.JPG
wagashi asobiというお店の落雁をいただきました。

簡素な包装ながら、おしゃれですね。
好感が持てます。

IMG_1381.JPG
いちごのらくがんと、抹茶のらくがんです。
縦に4粒入っています。

抹茶のらくがんはあると思いますが、いちごのらくがんって初めて聞いたように思います。

IMG_1399.JPG
食べてみると、甘酸っぱいいちごの風味が口いっぱいに広がります。
そして、あとから、砂糖の甘味がどーんときます。
いちごのフレッシュ感があるんですよね。干菓子なのに。不思議です。

これで和菓子美人でご紹介したスイーツは651個になりました♪


posted by なでしこ at 22:23 | Comment(0) | 干菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

雪のつぶて 一幸庵

IMG_1232.JPG
見た目は普通の和三盆の干菓子です。
一幸庵の雪のつぶてです。
まだ雪の季節には早いですけどね。

確かに雪合戦する時に作った雪玉に見えなくもないです。

食べてみると、びっくり。
中から大徳寺納豆が出てきました。

そう、石を中心に入れて作った雪玉は人に向けて投げてはいけません、と小さい頃言われたなぁ。

たぶん、大徳寺納豆は雪玉の中の石ですね。
大徳寺納豆はしょっぱくて、かたい甘納豆なんですよね。
口の中に和三盆の上品な甘さの後に大徳寺納豆の塩気がくると、甘みとしょっぱさ、両方が引き立ちますね。

抹茶にとても合います。

これで和菓子美人でご紹介したスイーツは628個になりました♪


posted by なでしこ at 23:38 | Comment(0) | 干菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。